根本的に適齢期

種々の生活スタイルがあるけど、相手を理解することはおつきあいするなら大事だと思うね。それはそうと元カレとのベッドインがラブロマンスの後遺症になるとか。どうだろう・・・。

ひそかにHAPPYな妄想とかしちゃいそう(笑)まあ、根本的に適齢期を逃して晩婚を目指すもの難しいような気がするわね。愛知で会社員やってる男の子のトモダチは忙しくて出会いが少ないんだって。それも悩みだね。大して見掛けがパッとしない女の子でもモテるアピールポイントがあればオトコは愛嬌を感じるものです。

次の恋で駄目なようなら結婚活動 は挫折なんだね(ノ ゜Д゜)ノ。今一度に若返った?とひそかに勘違いしているワタシは寂しい(ノ ゜Д゜)ノ。基本的に大人の交際、大人のラブロマンスに興味があるわけだし、ワタシ。

極力女盛りのうちに共同生活くらいはしてみたいものです。胸裏を伝えるのはホントに難しいことだとつくづく思う。もめ事あってまた揉め事、というのは結婚活動 では避けられない気がしていますよ(+_+;)。一段と自分磨きにガンバリが必要なんだなー。

一人暮ら

ドラマにあるような求婚をされるにはどんなスポットがいいかなー?是非清潔感のあるひとで心の広いひとがあたしにはベストだなあ。理想論過ぎ??多くの結婚資金はそれほどは大切でないけれど、あるに越したことはないね。しかしもし結婚したら不貞 は面倒な問題だよね。ほんとうに。

けど違和感がある交際を継続するのはちょっと怖いでしょうから、ワタシはイヤだな。ブライダルなんかイメージしちゃうと十分モチベーションが高まるなあ。私って単純ね。自分が「一人暮らし」という現況は別の視点から見ると楽観視できるものかも、とときには思ったりもします。神奈川に引っ越した友達はもう彼から部屋の合鍵をもらったそうだから、まさに密接な関係なんだねー。

何といっても周りの後輩を見ていると恋愛関係が3年続いて結婚、というのが本当に多いみたい。現在はつくづく様々な男がいるなあ、と慎重にチェックしているけど。お互いの性格の違いをしっかり認識しあうことも恋の重点ね。